「感性の時代」

 幼児期は「感性の時代」です。 「自分らしくていい」「みんなと違ってもいい」を感じられる生活を創っていくには、子どもと大人、大人と大人、それぞれが自分らしく生きている関係でなければなりません。 そして、何といっても子どもの生活の中心は「遊び」です。

遊びの中で育つ

 自分が丸ごと受け止められ、ワクワクドキドキ遊べる中でこそ、子どもは「自分を大切にする」、つまり「自分らしさ」を育てていけるのだと思います。 子どもが遊びの中で主人公になり、夢中になっている時は、自信にあふれた本当に素敵な顔を見せてくれます。 子どもたちが大好きななかまの中にいてこそ、人間として生きていく力が育っていくからです。 幼児期の保育の中で育つ「友だちが大好き(大きくいえば、人間大好き)」の心を育んでいきたいと考えています。

ゆっくり・じっくり・遊び呆ける保育をこどもと一緒に創っています。

子どもはいつでも遊び呆けています。 それは楽しくて面白くてたまらないからです。 ひとりでもいいけれど、なかまと遊べばその楽しさや喜びは何倍にも広がるから不思議です。 なかまと遊ぶと、たくさんの感情(怒り・悲しさ・つらさ・寂しさ・嬉しさ等)、たくさんの経験(いたずら・ふざける・失敗する・ケンカ・話し合う等)をします。 そんな時、大人は喜びだけでなく困ったり悩むこともしばしばですが、こどもの心をのぞいてみるとそれは「人間として生きる感情的土台を形成する大事な力」に気づき、こどもの心の楽しさがわかります。 ゆっくり・じっくり・遊び呆ける保育をこどもと一緒に創っています。

あおぞらキンダーガーデン

所在地

〒420-0961
静岡県静岡市葵区北1丁目16-5
TEL:054-246-2213
FAX:054-246-2213

MENU

NPO法人なのはな

所在地

〒420-0052
静岡県静岡市葵区川越町4−5
TEL:054-253-0443
FAX:054-253-0443